忍者ブログ

札幌で活動する、シアターユニット「星くずロンリネス」のブログ。

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブログだって、稽古だって(ウエダ)


今日、ボロトークを見学・・・


のつもりが、ちらっと出演させていただきました。

出演中よりも、見学中の方が面白い話ばかりでとてもためになりました。

あの場にいた人と少しお近づきになれたし。

納谷さんに感想もいただけたし。

すごくいい話が聞けたなー。

 

で、こないだ、リョウくんとチャットで話してたことを思い出した。

(気になる方は録画版が配信されるようです。
 が、放送終了後の方が深い話をしていたので、
 次の話が出てくるのかは知らないですw)


役者の話。

今からは、個人的な話をします。ボロトークうんぬんってよりも。

まあ、ボロトークきっかけで頭に浮かんでる話。


教文短編演劇祭。

悔しい思いをしたわけです。僕は、楽屋で泣きそうになってました。

むしろ、泣いてたのを、あっちゃんが止めました。いや、悪い意味じゃなく。

若手にしては頑張ったよって言われて、それもまた悔しくて。わーって。


打ち上げで、はしゃぎましたが、次の日は無駄に早く起きちゃって。

mixiとかツイッターとかで感想拾って、

そのあと、来年の教文をどうしてやろうか、とか

星くずの脚本、今後のプランのことをずっと考えてました。

もう胃が痛くなるくらいに。

終わって次の日には、もう星くず、もう演劇、のことです。

じゃあ、役者にはそれが出来ないのかって話なんです。

やれよって。別に打ち上げ後すぐとは言わないけど、やれよって。


やっぱり、本番があるからの稽古だけじゃ、

良くならんと思った。

 

もちろん、役者と脚本家の環境の違いはあるでしょうし、

頭の作業と身体の作業って大分違うから、一概には言えないけど、

役者はもっと鍛えなくちゃならんのではと思う。

もっと、考えなきゃだし、もっともっと、頭の中を演劇にしていいと思う。

 

特に、星くずの所属だって言ってる役者はもっとやらなきゃならんと思う。

つか、やれよ。

まあ、今まで、僕がこんな感じで言うことがないから、しゃあないのだけど。

 

僕が演劇論見たいのを語るのはすごく珍しいので、メンバーがこれを見たらびっくりすると思う。

 

けど、意識改革をせねば、と、思ってるんです。

この前のリョウくんとのチャットでも、その話だったし。


リョウくんと意見の違うところは、

正直、僕は雑談も稽古だと思うし、

特に星くずのスタンス的にそういうものも舞台上に出ると信じてるので。

やっぱ、どちらかと言うと、日々の鍛錬なのかしらと。

 


そのうえで、すごくキャッチーな取っつき易いやつを作りたい。

 


何の宣言だって話なんだけど、

今までと、少しだけど、考え方が変わってきてる。

もしかすると、脚本は悪くないって思い込みがあるのかもしれない。

今まで妥協してる部分で得票差が出た気がしてるのかもしれない。

 

星くず連中を集めて、話がしたい。

いっぱい、考えが浮かんでる。

今日聞いて、違うなってこともあったし。

特に制作的な、プロデュース的な部分では。

ただ、みんな客演とかで忙しいんだよな。暇なの僕だけw

 


いやあ、ブログでこんなの書くとは。珍しい。

まあ、たまにはこんなブログも。ね。

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
無題
チャットはいるとね、誰もいないときだー!
  • ユイ さん |
  • 2010/08/29 (18:33) |
  • Edit |
  • 返信
TRACKBACK

TrackbackURL

プロフィール
HN:
hoshikuzu-loneliness
性別:
非公開
自己紹介:
星-スター-になれない、孤独なくずたちの札幌演劇のアウトレット集団。芝居を見たことがない人でも取っつき易いキャッチーなプレイスタイルと映像・音楽を使った無数の星のような小ネタには定評がある。
twitter
最新CM
[05/16 Backlinks]
[07/27 上田龍成]
[07/27 NONAME]
[05/30 ゆう]
[04/09 ☆]
バーコード
P R
Copyright ©  -- 星くずロンリネスブログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]